ニックス ニックスロゴ
トップ 生うにについて 商品ラインナップ 会社プロフィール
うに産地別紹介
種類 漁期 特徴 写真(殻) 写真(身)
アメリカ西海岸
アメリカオオキタムラサキウニ 年間通して
但し、4月〜10月は指定曜日のみ及び第2週は禁猟
殻は濃い赤色で通称「レッド」と呼ばれています。身の色は黄色とオレンジのものがあります。
シーズンは秋〜冬場で身入りも良くなり、甘味ものってきます。
カナダうに殻
アメリカ東海岸
ホクヨウバフンウニ 9月上〜
4月中旬
毎年違うので多少の誤差があります
殻が緑色をしており、別名グリーンウニとも呼ばれております。
身は黄色でバフン系のうにの形をしており、道内前浜原料・ロシア原料と似て、甘味が十分あります。
輸入うにでは、他にバフンウニ系が出回っていないことからシーズン中は全国各地で支持されます。
東海岸うに殻 東海岸うに身
カナダ
アメリカオオキタムラサキウニ 8月〜
4月下旬
身は大粒が多く、少し脂肪分があり、こってりした感じがします。色は黄色からやや赤みがかったものまであります。味は甘味があっておいしいです。 カナダうに殻 カナダうに身
チリ北部
チリウニ 1月下旬〜
10月中旬
身は硬めでやや繊維質、色はレモンイエロー。
品質・食味ともに南部のものよりは評価が低くなっており、生産量も多くはありません。南部の禁猟時期に生うに(チルド)が少量出回る程度となっています。
チリ北部うに殻 チリ北部うに身
チリ中部
チリウニ 3月上旬〜
10月中旬
身は柔らかめで、色は黄色。
冷凍すると解凍後溶けやすくなってしまうので、冷凍にはあまり向かない為、主に蒸しウニなどの加工用として利用されています。
チリ中部うに殻 チリ中部うに身
チリ南部
チリウニ 3月上旬〜
10月中旬
身は硬めで、色はややオレンジっぽい黄色。
苦味が少なく、日本人の味覚にあった食味です。
身質が良いので、生食(チルド)はもちろん冷凍にも適しています。
チリ南部うに殻 チリ南部うに身
メキシコ
アメリカオオキタムラサキウニ 7月初旬〜
3月下旬
粒の大きさは中粒から大粒まであり、漁場によってうにの身質が著いちじるしく異なり、小粒のうにが日本では好まれています。
国産のうにに匹敵する評価を得ているものもあり、味・乾き共に良く、非常に品質の良いうにです。
メキシコうに殻 メキシコうに身
日本・北海道
エゾバフンウニ ほぼ一年中
(日本海側・太平洋側によって異なる)

棘は短めで、やや緑かかった色をしています。馬の糞に似た形状より、バフンウニと呼ばれています。身はオレンジ色です。

日本・三陸
ムラサキウニ
5月〜8月

棘が長く暗紫色をしています。身は黄色です。